神戸クリニックでのレーシック体験ブログ(blog)
近視&乱視歴15年から 無事脱出しました♪♪術後、3年が経過
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
手術後の目の保護
レーシック(LASIK)の後、帰りの受付で保護用のダテ眼鏡を渡された

今日から一週間は目の保護のため、外出の際はこのダテ眼鏡をかけて下さいと言われる

せっかく眼鏡ナシの生活が送れると思っていたので少し残念な気もしたけれど、
家に帰るとこれがかなり私にとっては必需品だと気付く
子どもたちの容赦ない動きがいつ私の目に降りかかってくるか、わからないから
結局一週間ちゃんとダテ眼鏡生活を送った

そして、寝る際に付けて下さいと渡された眼鏡のレンズを大きくしたプラスチックの
ブツブツと穴のあいた物体。そしてそれと紙バンソウコウ・・・

2枚あって、片方ずつ目の上に置き、紙バンソウコウで留めてくださいって。。
そのとおりにすると、かなり怪しい姿に
それでも、1歳になったばかりだった子どもの寝相が悪くて、寝ている間に
何度も私の上に降ってきたから、付けていると安心だったなぁ

後で他の体験談を読むとゴーグルを着用して寝ている人もいたみたい
私のような貼り付けタイプのレンズだと、途中で起きた子どもは恐怖で泣いてしまうかも
幸いうちの子供は気づかずに一週間が過ぎました

先生に、子どもがぶつかっても大丈夫でしょうか?とたずねると、まぁ誰かに殴られ
ない限りは大抵大丈夫ですと笑顔で言われた
まぁ殴られることはないか・・と一安心
なんだか目が乾燥してるけど大丈夫かな・・


ブログランキングに参加中☆ご協力お願いいたします


スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 神戸クリニックでのレーシック体験ブログ(blog) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。